人民日報:「網紅」を期待し国乒非悪いこと(動画)新徴途-cm68.com

人民日報:「網赤」が悪いことを期待しているのは、「網赤」にとって、「網赤」が悪いことではなく、卓球はもっと若い人に注目しなければならない。Rioパラリンピック卓球試合:中国の选手続き強いもぎ取るご金Rioオリンピック卓球男子シングルス優勝馬竜。「網赤」は悪いことではなく、卓球はもっと若い人に注目しなければなりません。この運動はより多くの人と参加する必要があります。数ヶ月前に置くと、卓球は今注目されている「網赤」の運動になるとは思えないのかもしれません。今週の四川成都で開催された2016年の中国卓球大会では、1票が求められ、「スターコンサートに人気がある」と、ソーシャルメディアでチケットを求めている人も少なくない。国乒隊員张继科、マーロン、丁寧ら、さらに注目を集め、「界」に成功したつ弟の妹ファンファン」。引退の世界チャンピオンさえもジャンイーニン、しょっちゅう携着「大魔王」の称号を登って社交メディアの熱検索ランキング。卓球は「網赤」運動になり、先月に幕を閉じないリオ五輪。人々の優れた成績、抜群の顔の値、多くのファンを引きつけて、選手たちは競技場の上で覇気がなくて、場の下のそれぞれの特色があって、彼らは別の特色がある人物ではなくて、更に身の回りのあれらの血がよくて、小さい欠点がまた尊敬させられている模範を持っています;。成績、顔値、性格、チームの精神……これらはみな「圏粉」の資本となっている。時間、と国乒に関するネタ、漫画、動画をネット上に散見。対比よんしよ年前、更に人に感嘆国乒の「人気」容易。2012年のロンドンオリンピックの後、「第3回創業」は競技の成績に限らず、卓球運動の全面的な発展と社会への影響を広げている。「卓球の社会効果、プロジェクトの普及、チームのイメージ、社会に対する貢献などの面でさらに向上させた」と述べた。」今、「網赤」に変身して、ある程度の目標が実現されている。多くの若者は「網赤」の選手を切り口にして、この王の師の歴史と輝きを知り、「国球」と呼ばれる運動に乗せられた感情、解放されたエネルギーを知っている。「網赤」は悪いことではなく、卓球はもっと若い人に注目しなければなりません。この運動はより多くの人と参加する必要があります。「網赤」になると、次の道はどう行けばいいのか、よく考える必要があります。どのように多くの人が卓球が好きで、どのようにスーパーリーグの職業化を高めて、どのようにこの運動が世界の範囲内での関心を高めて、これらはすべて卓球のプロジェクトの前の問題を並べているのです。「網赤」になるのは喜ばしいが、それは手段ではなく、運動自体に復帰することになる。「網赤」という身分を皮切りに、長い道のりを期待している。

人民日报:当“网红”非坏事 期待国乒新征途 [摘要]对国乒而言,当“网红”不是坏事,乒乓球需要更多年轻人的关注,这项运动也需要更大范围的推广和更多人的参与。 里约残奥会乒乓球比赛:中国选手延续强势摘得5金 里约奥运会乒乓球男单马龙夺冠。对国乒而言,当“网红”不是坏事,乒乓球需要更多年轻人的关注,这项运动也需要更大范围的推广和更多人的参与。搁几个月前,或许没多少人能想到,乒乓球能成为当下备受关注的“网红”运动。这周在四川成都举行的2016年中国乒乓球公开赛,一票难求,“堪比明星演唱会”,不少人在社交媒体上发布求票的帖子。国乒队员张继科、马龙、丁宁等人,更是成为焦点人物,成功“圈”了一大堆“迷弟迷妹”。就连退役多年的世界冠军张怡宁,也三天两头携着“大魔王”的称号登上社交媒体的热搜榜。乒乓球成为“网红”运动,离不开上月落幕的里约奥运会。马龙、张继科等人出色的成绩、出众的颜值,吸引了大批粉丝;国乒队员们在赛场上霸气无比,到了场下各有特色,他们不再是千篇一律的新闻人物,更像身边那些有血有肉、有小缺点又令人敬佩的榜样;而国乒队员们能在赛场上纵横捭阖,必然离不开身后那支团结有底蕴的队伍。成绩、颜值、性格、团队精神……这些都成为国乒“圈粉”的资本。一时间,和国乒相关的段子、漫画、视频在网络上随处可见。对比4年前,更让人感叹国乒的“走红”来之不易。2012年伦敦奥运会后,国乒提出“第三次创业”,目标不再局限于竞技成绩,而是扩展到乒乓球运动的全面发展和对社会的影响,正如国乒主帅刘国梁所言:“让乒乓球的社会效益、项目推广、团队形象和对整个社会的贡献等方面提升得更高。”如今,变身“网红”,一定程度上实现了当时提出的目标。很多年轻人以“网红”球员为切口,开始了解国乒,了解这支王者之师的历史和辉煌,了解这项被称为“国球”的运动所承载的情感、所释放的能量。对国乒来说,当“网红”不是件坏事,乒乓球需要更多年轻人的关注,这项运动也需要更大范围的推广和更多人的参与。至于成为“网红”之后,接下来的路怎么走,需要仔细思量。如何带动更多人喜欢乒乓球、如何提高乒超联赛的职业化程度、如何提升这项运动在世界范围内的关注度,这些都是摆在乒乓球项目面前的问题。成为“网红”固然可喜,然而这只是手段并非目的,最终还是要回归到运动本身。以“网红”身份为新起点,期待国乒接下来的征途。相关的主题文章: